予測が出来ない [スポーツ]

プロ野球は基本的に横浜ベイスターズを中心に見ているため、
必然的にセ・リーグのお話が多くなるわけですが、
たまにはパ・リーグのお話もしないと北国の獅子ファンである拳王様……
もとい、ラ王さんを始めとするパ・リーグファンから非難を浴びそうなので、
(え?そんなつもりは全く無い?それは失礼)
今回はパ・リーグの6球団に関するお話。
とは言っても、全ての試合をチェックしているわけではないので、
あくまで集められる情報から判断しているだけですが……


千葉ロッテマリーンズ
昨年は井口を獲得して二遊間と打線を強化したものの、
開幕前から監督の解任確定と本拠地移転に関する怪文書の流布、
故障者の続出と監督解任決定でフロントに対する不信を募らせた応援団の叛旗など、
早々とチームは空中分解を起こして戦うことすらままならず、
5位へと沈み込んだ千葉ロッテは脱バレンタイン色を掲げて生え抜きの西村新監督を迎え、
FAを控えた清水や2番手捕手の橋本、センターの主力でもあった早川らを放出。
それらを引き込んだ横浜ファンである私から見ても、本当に大丈夫か?
と言いたい状況のオフシーズンだったが、韓国代表である金が序盤は不振に喘ぐものの、
昨年は怪我で不本意な成績に終わり雪辱を期す西岡、
ドラ1ルーキーの荻野貴という1・2番コンビによる機動力、
更には昨年阪神を自由契約となりテスト入団した今岡が開幕カード打率10割という、
驚異的な数字を叩き出してチームを波に乗せると、
あれよあれよと連勝街道をひた走り、気付けば2位に3ゲーム差の単独首位。
主力であったシコースキーや近年は不調に喘いでいた清水を放出し、
ベニーら大砲を手放したことで大幅な戦力ダウンかと思われていたが、
先発要員であった小林を抑えに配置転換したり川崎を金銭トレードで放出するなど、
余剰戦力をスリム化したことが功を奏している印象を受ける。
ただし荻野に関してはこれまで相手チームにデータが無いための活躍ともいえるため、
ここからは真価を試される試合となってくる。
その一方で福浦や正捕手の里崎が相次いで怪我や故障で戦線離脱を余儀なくされ、
特に里崎が復帰するまでの間を2番手以降の捕手がどうカバー出来るかが鍵。
日曜限定無双の小野、鷹キラーの大嶺、
前回登板こそ不調だったが実績ある将来のエース唐川と、駒は揃っている。
このまま好調を維持して5年ぶりの覇権奪回なるか?


埼玉西武ライオンズ
沢村賞投手のエース涌井、パ・リーグ相手なら無類の強さを誇る岸という2枚看板、
更には実績十分の西口と石井一久、左のエース格とも言える帆足と、
先発投手の層の厚さは12球団一とも言える埼玉西武。
だがそれに反比例して中継ぎ投手は12球団で1・2を争う脆弱さを誇り、
昨年は幾度となく試合を引っ繰り返され、一昨年の日本一から一転、
3年前の伊東前監督以来のBクラスへと転落した。
昨年同様に抑えのグラマンは開幕に間に合わないものの、
千葉ロッテを自由契約となったシコースキーと、
横浜を自由契約となった工藤を獲得することで中継ぎの強化を図ったが、
その一角である工藤は肘の故障で出遅れている状況。
打率4割と好調の中島に対して、
オープン戦で顔面骨折した中村は辛うじて開幕に間に合ったものの、
NPB通算9万号ホームランを放った新外国人のブラウン、
更にはG.G佐藤と共に現在は打率1割台半ばと絶賛大不調の真っ最中。
4・5・6番と主軸に1割半ばがずらりと並ぶ打線では、そう簡単に点が取れるわけも無く、
もたもたとしている間に千葉ロッテに前へ出られてしまった印象がある。
加えて今シーズンは先発投手の出来がイマイチ良くない。
湧井は千葉ロッテ戦で滅多打ちに遭って7失点を喫し、
西口はオリックスに4失点、ホークスに6失点と調子が上がってこない。
岸も千葉ロッテ戦で5失点を喫してKOされているが、
以降は徐々に調子を上げてきているのが救いといえば救いである。
投打に渡って誤算気味な埼玉西武、修正出来なければ苦戦は必死だが……


オリックスバファローズ
一昨年の2位大躍進から一転し、
昨年はグダグダの千葉ロッテにすら後塵を拝する最下位となったオリックスは、
前阪神監督である岡田監督を新たに迎えて巻き返しを図る。
読売からトレードで木佐貫を獲得し、契約を渋るローズをあっさりと切り捨て、
2位躍進の立役者であり最下位転落の一因でもある小松をセットアッパーにし、
埼玉西武で戦力構想から外れつつあった赤田をトレードで獲得するなど、
決断力の速さと大胆さで改革を行っていく岡田監督のチーム作りは功を奏し、
打線は他を圧倒するかのような破壊力を示して開幕6連勝。
一時は単独首位に立ったのだが徐々に調子が下降しつつある状況。
中継ぎで結果を出していた藤川をクローザーに回し、
JFKという阪神勝利の方程式を確立させたことからも、
投手の適正に関して高い見極め能力を有している半面で、
阪神在任5年間で桜井を見込みなしと切り捨てて放置していたり、
安定して先発完投が出来る投手を作り出せなかったりと、
育成面に於いての手腕には多大な不安が付き纏う岡田監督は、
やりくりは出来るが元手を増やすことは苦手な印象がある。
(逆にやりくりしながら元手を増やせるのが巨人の原監督なのだが……)
中継ぎに関しては方程式が確立されている感じなので、
あとは先発投手の頑張り次第といったところだろう。
気になるのは打線というよりも攻撃のバリエーション。
実はここまでのオリックスバファローズのチーム盗塁数は、
12球団最小の一個と足を絡めた攻撃が少ない。
盗塁をしてこないと判れば投手は打者に集中するので、
攻撃では不利になってくるだけだと思うのだが。
このままジリジリと後退して行くのか、それとも巻き返しがあるのか……

福岡ソフトバンクホークス
一昨年は交流戦で優勝しながらシーズンは最下位、
昨年は交流戦で優勝しながらシーズンは3位と、
交流戦だけ強いという印象を与えてしまったホークス。
その一因は投手陣が杉内以外の主力が怪我や故障で戦線離脱したこと、
加えて高齢の主軸である小久保や松中、更には多村といった主力が、
こちらも怪我や故障で戦線離脱したことが最大の要因といえるが、
打線に関してはいつまでも小久保や松中に依存していることにも問題がある。
昨年は摂津・ファルケンボーグが獅子奮迅の活躍を見せたが、
抑えの馬原が安定感に欠いて逆転を許す試合も多々あった。
しかしここまでは勝利の方程式であるSBMが失点はあるも見事に機能しており、
あとは先発投手の踏ん張り次第というチーム状況とも言える。
小久保が3割台半ば、川崎が4割手前という好調な状況ながら、
10安打1得点という非効率を証明するかのような、
他の主力野手の打率は軒並み1割台後半から2割台半ばという低打率。
その中でも深刻なのが正捕手定着を目指す田上の.037という驚異的な低さ。
如何に安定感は12球団最強と呼び声高いSBMでも、味方が点を取らねば意味は無い。
他の先発投手陣も調子はイマイチで、
昨年は先発の柱と期待されながらも期待外れに終わった大隣は、
今年も相変わらず安定感に欠けている。
昨年は怪我で不本意なシーズンを過ごした和田が戻ってきたとはいえ、
今年も杉内におんぶに抱っこでは上位進出は難しい。
今年も交流戦だけのホークスで終わるのか、それとも巻き返せるのか……


東北楽天ゴールデンイーグルス
チーム創設5年目となった昨年、開幕4連勝を飾り春の珍事と呼ばれた快進撃は、
苦手の交流戦で失速するもその後息を吹き返し、
北海道日本ハムをあと一歩のところまで追い詰めつつ届かず、
僅差でペナント制覇を逃すも初のCS出場という快挙を成し遂げた東北楽天。
しかし功労者である野村監督を解任し、前広島のブラウン監督を招聘するが、
ここまでは大方の予想通り(多分に願望込み?)下位に沈んでいる。
岩隈・田中という球界を代表する2枚看板を要していながらもなかなか勝てないのは、
偏に脆弱な中継ぎ投手にあるわけだが、昨年は福盛が此処をカバーするも、
今年は肘に違和感を覚えて早々と戦線離脱中。
加えて阪神と獲得を争い新守護神と目されていたモリーヨが制球難で、
戦力になる見通しが全く立っていない。
加えて岩隈・田中で3試合も落としていれば、下位に沈むのは自明の理である。
先発投手に関しては確定しているのが岩隈・田中・永井だけで、
他はまだまだ試投中といった印象があり、
中継ぎに関しても確定といえるのは川岸・辛島・有銘・小山辺りで、
まだまだ戦力整備中といった印象を拭えない。
東北楽天の戦力整備はいつまで続くのか?
苦手の交流戦までに上位に浮上しないと、最下位も十分にありうるのだが……


北海道日本ハムファイターズ
過去4年間で3度のリーグ制覇を成し遂げ、
常勝軍団という印象を与えた昨年のペナントの覇者たる日ハムだが、
開幕戦でダルビッシュが打ち崩されてホークスに破れると連敗街道まっしぐら。
ダルビッシュが連敗を止めてもまた連敗するという悪循環で、
17試合で僅か5勝と誰もが目を疑うまさかの最下位に沈んでしまった。
その要員のひとつは昨年から抑えに転向し、
日本シリーズ以外では負けなしという抜群の安定感を誇った武田久が、
今シーズンは既に3敗で防御率も6点代後半という不安定さ。
加えてスレッジが抜けた事による大砲不在が大きく、
得失点・防御率・打率・盗塁が2位の埼玉西武を上回っているにも拘らず、
最下位に沈んでいるのは本塁打の数が埼玉西武の半分程度であり、
このチームは打線が繋がらなければ勝機が無いということを如実に示していると同時に、
勝ちに直結しない無駄な得点が多いことも示している。
(例えればダルビッシュが先発している時に二桁得点を奪ったりなど)
他のチームに比較しても主力は比較的高打率者が揃っているのだが、
勝負所でのタイムリー欠乏による得点力不足と抑えの不安定さで、
勝ち星を落としている印象は否めない。
文字通り一丸となって戦う繋ぎの野球でコツコツと点を取り、
12球団一とも称される鉄壁の守備で守り勝つのを信条とする日ハムだが、
大砲として期待されている中田はまだまだ1軍で爆発するのは難しく、
此処までは懸念されていた弱点が露呈していると言える。
尤も打線に関しては始めから判り切っていた事なので慌てる必要はなく、
寧ろ問題なのは武田久が大誤算だった事だろう。
復調するのを待つのか、それとも降格させて新たな守護神を選ぶのか。
昨年も出足が鈍かったことを考えれば慌てる必要も無いかもしれないが、
あまり楽観視出来る状況でも無い気がするのだが……


予想だにしていなかった千葉ロッテとオリックスの好調な滑り出し。
まあまだ序盤も序盤、マラソンで言えば競技場を出て最初の角を曲がった辺り。
なので千葉ロッテの首位というのは、
「偶然だぞ」の一言で片付けることも出来ます。
しかしこれが交流戦終わった段階で首位に居るようだと、本当に判りません。
というのも、パ・リーグは交流戦終了時に首位に居たチームが、
そのまま優勝してしまう可能性が非常に高いわけです。
(唯一の例外が一昨年のホークス)
このまま千葉ロッテが上位をキープし続ければ、
元MVPの方々は「ボビーの遺産で勝った」とでも主張するんでしょうかね?
逆に下位に沈めば「ボビーを解任したからだ」といったところでしょうか……

戦力的には順当といった埼玉西武はしっかりと2位に付け、
監督采配に疑問を呈したい東北楽天はやはり下位に沈んでいますが、
驚くべきことは日ハムの最下位でしょうね。
千葉ロッテと異なり、スレッジと契約しなかった日ハムは余裕だな、
と思っていたんですが、まさか楽天の下に居るとは思ってませんでした。
恐らく誰一人として武田久が大崩れをしたり、
開幕戦でダルビッシュが5失点を喫して負けるとは予想してなかったでしょうね。
まあそれは涌井や岩隈が7失点を喫して負けるのを想像できなかったのと、
全く同じともいえますが……
あ、でも涌井は昨年の交流戦で横浜に7失点を喫して負けてましたから、
ありえない話では無かったですね。

日ハムはそのうちジリジリと順位を上げてくるでしょうが、
ある意味で不気味なのが福岡ソフトバンクホークス。
気が付くと上にいそうな得体の知れない不気味さがありそうです。
千葉ロッテがここから差を広げていくのか、それとも他のチームが追い縋るのか?
今年のパ・リーグも面白そうですね。

nice!(16)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 10

404

いつも訪問ありがとうございます。
わたし仕事でロッテの開幕戦で・・・10割をこの目で見てたのです。
でも途中でエラーとか普通にロッテだからホッとしましたよ。
その時その時を本気で駆ける気持ちを大切に、セパ全選手が戦い抜いてほしいと願っています。
by 404 (2010-04-14 19:26) 

mens shoe lift

It is a clever web log. I suggest it. You’ve greatly of specifics of this problem, and as a result much enthusiasm. In add-on, you have discovered to help to make people move behind that, obviously through the feedback.
mens shoe lift http://maxheight.crowdvine.com/posts/38906644
by mens shoe lift (2013-08-27 16:15) 

insoles to increase height

Thank you for your blog.Really thank you! Will read on…
insoles to increase height http://www.blogymate.com/post.aspx?blogid=4150169&t=Back-pain-and-Leg-Length-Disparity
by insoles to increase height (2013-08-27 16:21) 

shoe lifts

Oh and I am not a Liverpool or Chelsea supporter, but the way the Liverpool fans were still singing You’ll Never Walk alone when their team was losing and the game was almost finished was wonderful. Big respect.
shoe lifts http://heellifts35.jimdo.com/
by shoe lifts (2013-08-30 15:39) 

mens shoe lift

Thank you, I’ve recently been looking for info about this topic for ages and yours is the best I’ve found out till now. But, what about the bottom line? Are you positive in regards to the supply?
mens shoe lift http://www.rottentomatoes.com/user/1025642/blogs/?id=746965
by mens shoe lift (2013-09-08 09:07) 

shoe lift for men

Can’t dispute along with you article, Wally, nevertheless dang, Charles, you’re kooky!
shoe lift for men http://www.iamsport.org/pg/blog/xEdmundBarrettu/read/1246686/shoe-lifts-to-suit-both-men-and-women
by shoe lift for men (2013-09-08 16:22) 

height shoe insoles

What’s up to every one, it’s really a good for me to go to see this web site, it contains useful Information.
height shoe insoles http://thebestshoelifts.blogbus.com/logs/122820586.html
by height shoe insoles (2013-09-10 15:39) 

Skylar

Indeed, I went outside and looked up, and was just about fizzing I used to be so thrilled. I try to remember thinking that we’d cracked our “shell” of atmosphere, and were being busily hatching out to the universe. Now I think the ol’ planet needs a cosy….
Skylar http://eyesalice081.blog.com/
by Skylar (2013-09-10 22:51) 

arch supports

Hello my loved one! I want to say that this article is amazing, nice written and come with almost all vital infos. I’d like to look extra posts like this.
arch supports http://www.deelsonheels.com/$1449_High_Heel_Arch_Support_Inserts/p133745_662770.aspx
by arch supports (2013-09-24 15:21) 

Stella

We are a group of volunteers and starting a new scheme in our community. Your web site provided us with valuable information to work on. You’ve done a formidable job and our whole community will be grateful to you.
Stella http://heightincrease.mywapblog.com
by Stella (2013-09-27 15:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックは一部のブログや時間帯、 記事によって弾かれてしまうことがあります。 頂いたトラックバックには返信するよう心掛けておりますが、 全てのトラックバックに返信する事が叶わない事を予めご了承下さい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。